スターシアターズ系で公開中の映画「沖縄を変えた男」には県内で活躍するお笑い芸人が多数出演している。

映画「沖縄を変えた男」の舞台あいさつを行う出演者ら=那覇市おもろまち・シネマQ

 栽弘義監督の同僚教師役のベンビーは沖縄水産の甲子園2年連続準優勝を高校生として目撃した。「リアルタイムで見ていた。沖縄を変えた男はいた。美談ではなく描いている」と語る。

 野球部キャプテンを演じている新本奨(初恋クロマニヨン)は「今だったら考えられないくらい選手に厳しいところもあるが、リアリティーがあって、野球部の雰囲気が出ている」と話した。部員役のニッキーは野球未経験。バッティングの基礎から指導を受け、役作りに励んだ。

 同僚教師役の山城智二は映画について「当時の沖縄の空気、閉塞(へいそく)感を栽監督を通して表現できている」と話す。「栽監督は時代を象徴し、沖縄に自信を与えた人だ」と振り返った。

  □     □

 映画原作の「沖縄を変えた男-栽弘義 高校野球に捧げた生涯」(松永多佳倫著、集英社文庫)を5人にプレゼント。応募はファクスで沖縄タイムス社学芸部「沖縄を変えた男」原作プレゼント係まで。ファクス番号は098(860)3484。28日締め切り。