【東京】米軍北部訓練場ヘリパッド建設工事の警備に当たるため、大阪府警から派遣された機動隊員が不適切な発言をしたことについて、稲田朋美防衛相は21日の会見で「大変不適切かつ残念な発言」としつつ、工事との関係は否定し「負担軽減」のため着実に進める考えを改めて示した。

稲田朋美防衛相

 米軍普天間飛行場の返還問題について、公明党の一部からキャンプ・シュワブかハンセンのいずれかにヘリパッドを建設する案が出ていることについては「詳細を承知していないので、答えることは困難」と述べた。その上で「新たな案になれば、その検討だけで相当な月日を費やす。一日も早く普天間飛行場の危険性を除去することが原点なので、辺野古への移設が唯一の選択肢であるという政府の考え方に変わりない」と従来通りの見解を説明した。