第40回沖縄の産業まつりが21日午前、那覇市の奥武山公園と県立武道館を会場に開幕した。「じょうとーむん 使うよろこび 県産品」をテーマに過去最多の552社が出展。自慢の商品やサービス、最先端技術を一堂に集め、沖縄産業の現状と可能性を紹介する。

第40回沖縄の産業まつりの開会式でテープカットする主催者ら=21日午前10時半、那覇市・奥武山公園

 開催40回を記念した海洋産業特別展を実施するなど多彩な企画がある。

 開会式で呉屋守章実行委員長は「人と人、人と産業をつなぐ場として、沖縄産業の成長の一翼を担っていきたい」とあいさつ。

 翁長雄志知事は「優れた県産品に触れ、県産品愛用がますます広がってほしい」と述べた。