沖縄県中城村北上原区の洋菓子店「Petit Sweet」(プチ・スウィート、平安名常光代表)が、昨年11月から販売している中城城跡をモチーフにしたバウムクーヘン「城(GUSUKU)」が珍しい形と味で人気を呼んでいる。

中城城跡をイメージしたバウムクーヘン「城」

 県洋菓子協会の会長も務める平安名代表。日ごろから、地域の歴史や特性に関連する独創的なスイーツを考えていたという。そこで思いついたのが、世界遺産「中城城跡」をイメージしたバウムクーヘンだった。

 菓子は3層重ねで城の「瓦」部分を白い粉糖(ふんとう)でコーティングし、「中はもっちり、外はさくっ」の食感にした。程よい甘さと上品な味と香りが売りという。包装の箱も「緑豊かな中城」をイメージし「緑」にした。「城」専用製造機も導入し、量産にも対応。使用する卵も栃木県のブランド「那須御養卵」にこだわっている。平安名代表は「村の特産品である島ニンジンを取り入れた新商品を開発し、スイーツのジャンルを広げたい」とさらなる意気込みを語った。

 村の比嘉忠典副村長は「中城城跡に関わる商品開発は初めてで、村の活性化につながる」と歓迎した。

 「城」は2350円(税込み)。問い合わせはプチ・スウィート、電話098(895)7825。(翁長良勝通信員)