金武町にルーツのあるペルー3世の大城ジミーさん(35)とブラジル2世のひろみさん(37)が、金武に移住して10年になる。現在は長男琉治ちゃん(4)、長女愛莉ちゃん(3)と4人で暮らす。2005年度の町海外移住者子弟等研修生受け入れ事業での出会いをきっかけに交際し、結婚。22日に町が開く「第6回世界のシマヌチュ大会」歓迎式にも参加する予定で、大会を心待ちにしている。

来沖した親戚らと交流を深める(前列右3人目から)大城ジミーさん、長男の琉治ちゃん、妻のひろみさん、長女の愛莉ちゃん=21日、金武町金武・居酒屋「じんじん」

 研修後の06年にジミーさんがブラジルを訪問。ひろみさんの母親に「結婚して沖縄に住みたい」と伝え、金武に移住した。

 当初は言葉や文化の違いに不安もあったというが、ひろみさんは「親戚や友人、町の人が親切で助けてもらっている」と感謝。ジミーさんは「沖縄が故郷のような感じ。ずっと住みたい」と断言する。

 シマヌチュ大会にあわせて2人の親戚約20人が来沖した。月末まで滞在し、交流を深める。ジミーさん家族は来週のウチナーンチュ大会には参加できないが、「国に関係なく同じウチナーンチュ。イチャリバチョーデーの気持ちで交流できるのが魅力。楽しんでほしい」とエールを送った。(北部報道部・伊集竜太郎)