【東京】沖縄県石垣市議会の知念辰憲議長らは20日、首相官邸で菅義偉官房長官と面談し、尖閣諸島周辺で中国の公船や漁船などによる接続水域や領海への侵入が続いているとして、問題の解決のため仲裁裁判所に提訴することなどを求めた。

菅官房長官

 菅官房長官は会見で、石垣の漁業者が安全に操業できるよう警戒監視体制の強化を要望されたとし「わが国の領土・領海・領空を断固として守り抜く。毅然(きぜん)と、冷静に対応する」と返答したと説明した。