空手の集団演武の数でギネス新記録樹立を目指す「空手の日記念演武祭」(主催・沖縄県、沖縄伝統空手道振興会、県議会)が23日、那覇市の国際通りで開かれた。総勢約4千人の参加者のうち、3973人が成功。2013年8月3日にインドで達成された809人の記録を大幅に塗り替え、公式に新記録と認定された。

ギネス新記録を達成した空手の集団演武=23日午後、那覇市・国際通り

 「空手発祥の地・沖縄」を世界へアピールしようと総勢約4千人が参加。約100人の監視員によるチェックを受けた。昨年の演武祭には約2千人が参加しており、ギネス更新へ期待が高まっていた。

 2020年東京五輪の追加種目に正式決定し、沖縄での空手への関心はかつてなく高い。県内の空手関係者は、演武の出来栄えを競う「形」種目を、発祥地の沖縄で開催するよう、丸川珠代五輪相らに要請している。