ハブ捕り名人として知られる眞喜志康弘さん(59)=沖縄県名護市三原=が17日午前2時ごろ、国頭村楚洲の山中で体長2メートル18センチ、重さ2キロのオスのハブを生け捕りした。ハブ捕り歴約30年で最も大きなハブといい、「大物が捕れて良かった」と喜んでいる。

体長2メートル18センチのオスのハブを手に笑顔の眞喜志康弘さん=19日、名護市安部

 ハブを研究する沖縄県衛生環境研究所によると、各市町村役場などから研究所に年間300~400匹が持ち込まれるが、2メートルを超えるハブは年に1匹あるかどうかで、今回のハブは「かなり大きい方だ」という。

 晴天時はほぼ毎日、やんばるの山でハブ捕りに出掛け、年間約500匹を捕獲するという眞喜志さん。2メートル超えの捕獲は1年ぶりといい、笑顔が絶えなかった。