2本の本塁打が興南に傾きかけた試合の流れを奪った。2-1で迎えた五回裏2死一、二塁の大分商業の攻撃。「相手が狙っていた気がした」(我喜屋優監督)という上原麗男のスライダーは3番渡邊諒に右翼席へと運ばれた。続く4番三代大貴にもソロ本塁打を浴びて計4点を奪われ、2-7で初戦負けを喫した。