JFLの2011年から6年間、勝てなかった難敵・長野の壁を破った。琉球は1-1の終盤、もう1点を狙って前がかりの長野からボールを奪ってゴールへと迫った。ロスタイム、右CKのチャンスを得ると、ペナルティーエリアで長野FW勝又慶典が反スポーツ的行為の警告を受けて、PKが転がり込んだ。