第33回日本環境会議沖縄大会(主催・同実行委)は23日、宜野湾市の沖縄国際大学での閉会式で「政府は環境民主主義を実現させる法制度を構築すべきである」など七つの提言を盛り込んだ大会宣言を採択し、全日程を終了した。21日からの3日間で400人以上の研究者やNGO団体関係者らが参加した。