チーム泡釣会に所属する當眞嗣史さんメンバーのホームグラウンドである中城村の水深の浅い海岸線。水温の下がる時季から大型のタマンが接岸するポイントとして知られている。 9日夕方6時、仕事帰りにクラブの先輩と2人で砂浜からタコの切り身の餌を使ってタマン用の仕掛けを遠投した。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。