「那覇市制施行95周年記念~正子・ロビンズ・サマーズ絵画展」(主催・同展実行委員会)が25日から、那覇市久茂地のタイムスホールで開かれる。入場無料。31日まで。

「正子・ロビンズ・サマーズ絵画展」の展示作業を行う実行委のメンバー=24日、那覇市久茂地・タイムスホール

 正子さんは戦前の沖縄で自身が「ジュリ」(遊女)だったことを公表。沖縄戦を生き抜いた後、戦後は米軍人と結婚し「戦争花嫁」として渡米した。画家として活動し、今年9月にアリゾナ州ユマの自宅で88年の生涯を閉じた。

 展示では生前の正子さんが描いたアリゾナの砂漠の風景や花などの静物など計100点余を紹介。正子さんの生涯を振り返るパネルや、生前の正子さんに現地取材したフリーテレビディレクターの原義和さんが撮影した貴重なインタビュー映像も上映される。

 実行委では絵画展のカンパも募集している。振込先は、沖縄銀行曙町支店(普通預金)1597098(正子・ロビンズ・サマーズ絵画展)。問い合わせは実行委の松井さん、電話090(7272)3097。