第6回世界のウチナーンチュ大会に参加するため、沖縄県系3世のデービッド・イゲ米ハワイ州知事が24日、ドーン・アマノ・イゲ夫人とともに那覇空港に到着した。昨年10月以来2度目の来沖でウチナーンチュ大会参加は初めて。イゲ知事は「大会は世界に雄飛し各地で移民として成功を収めたことを祝う場だと考えている。ワクワクしている」と期待を述べた。

空港での出迎えに笑顔を見せる米ハワイ州知事のデービッド・イゲ氏(左)とドーン・アマノ・イゲ夫人=24日午後9時すぎ、那覇空港

 空港では浦崎唯昭副知事が花束を渡し、沖縄ハワイ協会の高山朝光会長らがレイを贈って歓迎した。イゲ知事は26日の前夜祭パレードや27日の開会式に参加。28日に浦添市で開かれる関連イベントの環境エネルギーシンポジウムにも出席する。「沖縄との交流を強化するために努力している。クリーンエネルギーについて学び合いたい」と述べた。