沖縄県議会は25日、総務企画委員会(渡久地修委員長)を開き、東村高江で米軍ヘリパッド建設に反対する市民に対し機動隊員が「土人」「シナ人」などと発言したことへの抗議決議・意見書の両案を審議する。与党は当初、決議・意見書両案に機動隊撤退を盛り込む方針だったが、撤退は求めず「侮辱発言」として抗議する内容に絞り全会一致での可決を目指す。

沖縄県議会

 25日に総務企画委で審議し、早ければ28日の臨時会で可決される見通し。

 機動隊の撤退を盛り込んだ決議・意見書案を提出する方針を21日の会議で確認していた与党3会派は24日、あらためて対応を協議。「内容を抗議に絞り、全会派の賛成で県議会の意思を示すことが重要」との意見が浮上した。抗議、撤退要求の2種類の決議・意見書案を提案する案も出たが、最終的に発言へ抗議する内容に絞った。