【石垣】大麻所持の疑いで現行犯逮捕された元女優の高樹沙耶容疑者(53)は沖縄県石垣市川平(吉原地域)の海が見渡せる丘の上に自宅を構え、同日逮捕された男2人と共同生活を送っていた。

元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者

 近隣住民によると25日早朝から家宅捜索が始まり、午前9時ごろまで続いた。近隣の細道を捜査車両が埋め尽くし、静かな集落が物々しい雰囲気に包まれたという。

 近所の女性(34)は「畑や草木の手入れをこまめにしていた。気さくな感じで普通の人との印象だったが、逮捕なんて本当にびっくり」と驚きを隠さない。

 移住当初から知る男性(65)は「私の妻が亡くなってから、おかずを差し入れてくれるなど良い人だった。でもメディアでは大麻の話ばかり。警察も目を付けていたのでは」と推察した。

 沖縄県内では24日も大麻草約300本を栽培、所持した疑いで男2人が再逮捕された。捜査関係者は「大麻事件が増加している」と指摘。違法ドラッグで薬物使用者が急増し、規制強化で大麻に回帰しているとみる。「『大麻は有用』と正当化する風潮もあり、違法性の認識が低くなっている。ネット販売のほか自前で栽培もでき、まん延する可能性がある」と警戒している。