高校野球の八重山商工高前監督で、中学硬式野球チーム「オール八重山ジュニアベースボールクラブ」の伊志嶺吉盛監督(62)が、大分県・NBU日本文理大付高の監督に就任することが25日、分かった。

伊志嶺吉盛監督

 12月3、4日に石垣市で開催される中学硬式野球コルトリーグの全日本選手権まで現在のチームで指揮する。その後、12月中には大分に移る予定という。

 伊志嶺監督は「これまで八重山の人たちに育てて頂いた恩を忘れず、集大成をみせるべく、覚悟を決めて大分に行く」と決意を語った。

 八商工高では2006年に春夏連続で甲子園に出場。全国の離島勢で初めて自力で聖地への切符をつかみ取った。同高監督の勇退を決めていた今夏の県大会は準々決勝で敗れた。

 伊志嶺監督は11月1日、石垣市内で日本文理付高の田中英明校長と記者会見を行う予定。