那覇市の魚、マグロをPRしようと、県飲食業生活衛生同業組合那覇支部(新垣淑豊支部長)が市内飲食店40店で「なはのマグロが千円ポッキリで楽しめる」キャンペーンを展開している。市内コンビニや書店でキャンペーン本を買って店で示すと、対象メニューが通常より安い税込み千円で楽しめる。12月10日まで。

キャンペーン本やマグロを使った弁当をアピールする(右から)県飲食業生活衛生同業組合那覇支部の新垣淑豊支部長、組合員の城戸伸一郎・椛弁当代表、与那和正・沖縄観光開発専務=24日、沖縄タイムス社

 キャンペーン本「プロがおしえる なはのまぐろが美味しいお店40」は税込み百円。小売り、流通、飲食各業界の代表が選んだ店とそのメニューが掲載され、飲食店ガイドとして使えるほか、料理人によるレシピも紹介している。

 24日、沖縄タイムス社を訪れた新垣支部長は「那覇は年間を通して生のマグロが食べられる地域。その時期の旬のマグロの味や、それぞれの店の調理法の違いも楽しんでほしい」と消費を呼び掛けた。