「私たちの親戚を捜しています」-。第6回世界のウチナーンチュ大会に参加するためニューカレドニアから来沖した県系3世のベルナール・イケハラさん(62)、ディック・ニシクマさん(63)、ヤニック・サクモリさん(62)が21日、沖縄県庁記者クラブで会見を開き、3人の親戚に関する情報提供を求めた。

(右から)イケハラさん、ニシクマさん、サクモリさん=21日、那覇市・県庁記者クラブ

サクモリさんの祖父・末吉業徳さん(提供)

(右から)イケハラさん、ニシクマさん、サクモリさん=21日、那覇市・県庁記者クラブ サクモリさんの祖父・末吉業徳さん(提供)

 イケハラさんは読谷村にルーツがあり、祖父は1905年、ニューカレドニアに渡った池原新二郎さん(読谷村渡具知出身)。祖父と直接会ったことはないが、父のアチさんから話は聞いており「親戚に会って、長く交流を続けたい」と話した。

 サクモリさんの祖父は10年、ニューカレドニアに渡った末吉業徳さん(現在の名護市我部出身)。

 今年、映画「ニューカレドニアからのマブイぐみ」のプロデューサーを務める末吉真也さんが親戚と判明したが、直系の親戚がいまだ分かっておらず現在捜している。

 ニシクマさんは祖父について情報がなく、亡き父フクマトゥさんが「沖縄に親戚がいる」と話していたことだけが頼り。3人は「情報があれば連絡してほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせは、沖縄ニューカレドニア友好協会、電話090(8291)5267。