鶴保庸介沖縄担当相は26日の衆院内閣委員会で、7月に高速道路の速度制限を43キロ超過し道交法違反で罰金の略式命令を受けたことを問われ「スピード狂ではない。しかし仕事はしっかりスピード感を持ってやっていきたい」と釈明した。

鶴保沖縄担当相

 鶴保氏は2006年にも制限速度超過で罰金の略式命令を受けている。内閣委で、ほかにも交通違反で略式起訴されたことがあるか質問され「スピード違反だったかは分からないが、あったかもしれない」と明かした上で「交通違反だけでなく、さまざまな点で私は襟を正さねばならないと思う」と述べた。(共同通信)