那覇署は26日、麻薬取締法違反(所持)でペルー国籍の広告代理業、男(37)を逮捕した。「(日本では)違法なものとは知らなかった」と容疑を一部否認しているという。

 同容疑者は27日に開幕する第6回世界のウチナーンチュ大会に参加するため家族で来沖していたという。

 26日午前0時15分ごろ、那覇市久茂地の歩道上で麻薬の成分を含んだ紙片1枚を所持した疑い。パトロール中の警察官が歩道上で騒ぐ同容疑者を発見し、所持品を調べたところ、見つかったという。