沖縄県北谷町は27日、海岸でのサメの目撃が相次いだことを受けて遊泳を禁止している町美浜のサンセット、町北谷のアラハの二つのビーチについて、28日午前9時から再開することを決めた。

北谷町のサンセットビーチ=10月8日

 サメが確認された7日から、3週間ぶりの遊泳再開となる。28日は、陸上からサメがいないことなど安全を確認した上で再開する。両ビーチとも11月末までの遊泳期間中は、開始前に陸上からの確認を続けるという。

 町は、釣りのエサがサメを海岸近くまで引き寄せる恐れがあることから、サンセットからアラハビーチ近くまで護岸での釣りを控えるよう、呼び掛けている。

 ビーチ近海では、人を襲う危険性が高いとされるオオメジロザメなどの目撃が相次いだ。19日までに町漁協などがサメを捕獲したことを受け、町や両ビーチの指定管理者が協議し、再開を検討していた。