沖縄労働局(待鳥浩二局長)が28日に発表した9月の有効求人倍率(季節調整値)は前月より0・04ポイント低い0・96倍で、4カ月ぶりに1倍を割った。有効求人数は2万5846人で前月より3・4%減少。有効求職者数は2万6823人で前月より0・4%増えた。

那覇市

 ただ、有効求人数(原数値)を過去3年の9月期で比べると約2千人ずつ増えており、記者会見した待鳥局長は「雇用情勢は依然として改善傾向にあり、景気が悪化しているとはみていない」と説明した。

 一方、県が同日発表した9月の完全失業率は3・7%だった。23年ぶりに3%台に回復した8月の3・9%よりさらに改善した。完全失業者数は2万6千人で、前年同月より1万人減った。