【解説】沖縄県酒造組合が中長期戦略と併せて酒造会社の経営状況を公表した背景には、泡盛出荷量の減少が11年も続く状況に、来年5月で期限が切れる酒税の軽減措置延長がなければ経営悪化に陥るとの強い危機感がある。