沖縄県金武町商工会(奥間尚登会長)は14日、タコライスのレトルト食品の売り上げの一部で購入した10万円相当の図書などを中川小学校(新城高樹校長)に贈った。

「タコライス文庫」の取り組みで図書を贈った金武町商工会の奥間尚登会長(左から2人目)ら=金武町立中川小学校

 同商工会によると、沖縄ハム総合食品と商工会がコラボした商品で、2014年度から「タコライス文庫」として金武町内各小中学校に図書を提供。今回は同小の児童らが選んだ図書や読み聞かせ用の大型絵本などが贈られた。

 奥間会長は「本をたくさん読んで勉強を頑張ってほしい」と激励した。