心臓移植を受けるため米コロンビア大学病院に入院している森川陽茉莉(ひまり)ちゃん(1歳9カ月)の脳に多量の出血が見つかり、現地時間の28日夕、血をふき取るなどの緊急手術が行われた。約2時間の手術後は集中治療室に戻っているが、72時間は再出血などに警戒が必要で、予断の許さない状況が続いている。

森川陽茉莉ちゃん(救う会提供)

 両親が手術の経過を「ひまりちゃんを救う会」のフェイスブックに投稿。医師から「常に容体が悪化する可能性があるので、覚悟しておくこと」「現時点でドナーが現れても移植は難しい」などと説明を受けていることを明らかにした。

 一時は200を超えていた心拍数が110付近に落ち着き、40度を超えていた熱も37度に下がったという。だが「ひまりがこの72時間を闘い、また笑ってくれるよう一緒に祈って頂きたい」と切実に訴えている。

 同フェイスブックには「沖縄からずっと祈ってます。絶対大丈夫」など、県内の支援者からも続々とコメントが寄せられている。