【金武】金武町議会(嘉数義光議長)は31日の臨時会で、米軍北部訓練場のヘリパッド建設に反対する市民らへの、県外機動隊員による差別的発言に抗議する意見書案を賛否同数の結果、議長裁決で可決した。宛先は警察庁長官、国家公安委員長、県警本部長、県公安委員長。県内市町村議会で同様の意見書は初。

 意見書では、抗議行動する市民らに対する、機動隊員の「土人」「シナ人」との発言は極めて差別的で、「沖縄県民を植民地的に見下すもので、悪質発言と言わざるを得ないものであり、断じて許されるものではない」と強く批判。このような侮辱的発言が出る背景には、「差別意識から発せられたとの問題意識を指摘せざるを得ない」とも言及した。

 県民の尊厳を守る立場から、今回の発言に厳重に抗議し、県民への謝罪を強く求めるとしている。

 当初案では、機動隊員の撤退要求も盛り込まれていたが、一部議員から「撤退を入れるなら賛同できない」との趣旨の意見があったため、削除したという。