沖縄都市モノレール(ゆいレール)はハロウィーンの31日、那覇市の報徳保育園の園児38人を招待した。魔女や海賊などに仮装した園児らは「トリック・オア・モノレール(モノレールに乗せなきゃいたずらしちゃうぞ)」と唱え、モノ社の職員からお菓子をもらっていた。

モノレールの車内で楽しむ園児ら=31日、那覇市内

 首里駅から乗車した園児らは、窓から見える景色に「きれい」と大はしゃぎ。おもろまち駅を経由し、儀保駅までの区間を楽しんだ。ピンク色の猫に仮装した大城彩七(せな)ちゃん(5)は「楽しかった。お菓子をたくさんもらえてうれしかった」と喜んだ。

 モノ社の與座三樹子さんは「沿線近くに住んでいてもモノレールに乗ったことがない人もいる。親しみを持つきっかけになれば」と話した。