9秒でまるわかり!

  • 「PPAP」で世界を席巻するピコ太郎さんの髪型はパンチパーマ
  • 全国的には「絶滅危惧種」だが、沖縄では生き残っている
  • 成人式前後や結婚式の余興などための「かりそめのパンチ」もある

 「PPAP」で世界を席巻しているシンガーソングライターのピコ太郎さんを見て、正直、驚いた。2016年にもなってパンチパーマの歌手が支持されるなんて。

 実は、パンチパーマは全国的には「絶滅危惧種」だが、なぜか沖縄で生き残っている。そのため、筆者は精力的に取材をしていた時期があり、ピコ太郎さんの髪型に目を奪われたのだった。すでに沖縄では、「ピコ太郎さんと同じ髪型にしてほしい」とパンチパーマをオーダーする20代もいる。沖縄の男性パーマの変遷をひもといてみる。(デジタル部・與那覇里子)

沖縄のパーマの歴史

 沖縄では戦後、理容免許は琉球政府が発行した。沖縄県内の理容師の技術が乏しい中、本土から講師を招き、伝授された髪形の一つが、当時1万円前後と高値の男性用パーマだった。

 1960年ごろの本土では、ヒッピーのロングヘアが流行し、理容室の利用回数が激減。客を呼び戻そうと力を注いで開発した技術が、大仏の髪形に似た細かいパーマヘアだった。

 本格的な理容技術が沖縄に持ち込まれたのは本土復帰の1972年ごろ。時を同じくして、当時本土で流行していた男性パーマが沖縄を席巻した。記録はないが、理容師らによると、男性パーマはこの年に興隆期を迎えたという。

 仕上がりに約2時間。「男らしく見える」「パーマはオシャレ」。沖縄県内でも広がり始め、髪質が硬いウチナーンチュには「セットがラク」「短くて涼しい」と定着した。本土と沖縄の流行のタイムラグがぐっと縮まった。

沖縄の理容店。男性パーマ「インペリアル」の文字が中央に大きく書かれている