朝鮮人陶工来琉400年記念特別展「一六一六年 琉球陶始四〇〇年」(主催・壺屋焼物博物館、在日本大韓民国民団県地方本部)が1日から、那覇市の壺屋焼物博物館の企画展示室で始まっている。12月25日まで。

特別展「一六一六年 琉球陶始四〇〇年」の展示に見入る来場者=1日、那覇市・壺屋焼物博物館

 薩摩藩から琉球に朝鮮人陶工3人が来琉し、今年で400年に当たることを記念した展示会。琉球陶器成立の契機になった鹿児島苗代川からの技術導入に焦点を当て、沖縄初展示となる17世紀の苗代川(なえしろがわ)諸窯(堂平(どびら)窯跡など)の発掘遺物のほか、初期琉球陶器など約60点を展示している。

 朝鮮の製陶技術が残る碗(わん)や壺なども紹介され、来場者は沖縄陶器の源流について理解を深めていた。

 1日の開会セレモニーで、城間幹子那覇市長は「多くの人に特別展を見てもらい、沖縄や鹿児島、韓国の歴史文化に興味と関心を持つきっかけにしてほしい」とあいさつした。

 同展は観覧無料(常設展示は観覧料必要)。問い合わせは同館、電話098(862)3761。