陸上自衛隊第15旅団の緊急患者の空輸回数が9千回を迎えたことを受け、沖縄県の翁長雄志知事はこのほど、原田智総旅団長と県庁で面会し、謝意を伝えた。

翁長雄志知事(右)に急患搬送への意欲を語る原田智聡旅団長=21日、県庁

 知事は「離島県である沖縄にとり、離島医療は一番重要な問題。自衛隊のご尽力に心から感謝する」と礼を述べた。原田旅団長は「県民の安全、安心のために今後もしっかりと任務に取り組みたい」と意欲を示した。