沖縄タイムス社は9日午後2時から、那覇市久茂地のタイムスホールで経営セミナー「大久保寛司の輝く経営未来塾2016」の第4回講座を開く。ゲスト講師は鎌倉投信取締役資産運用部長の新井和宏氏。「プロフェッショナルとは何か」と題して講演する。

新井和宏氏

 大学卒業後、住友信託投資、バークレイズ・グローバル・インベスターズでファンドマネージャーとして、株式や為替などの数兆円規模の資産運用を担当してきた。

 08年のリーマンショックをきっかけに、金融工学を重視し、数式を頼りにした金融市場のあり方に疑問を持ち、鎌倉投資信託を創業。経済指標だけでなく、事業の社会性も重視した従来の投資の手法と一線を画す運用に取り組んでいる。

 10年から運用を始めた投資信託「結い2101」の運用責任者を務める。投資信条に日本の普遍的な価値を感じることができる「和」、人が集う「輪」、夢や希望を分かち合う「話」といった「3つのわ」を掲げ、100年先まで社会的意義を発揮できる企業を支援している。

 投資先は、障がい者やニートを積極的に雇用したり、林業再生や耕作放棄地解消に取り組んだりするベンチャー企業が多い。商品企画や販路開拓、ビジネスマッチング、人材確保などの企業に寄り添った支援も手掛ける。

 「22世紀を見据えた投資」を掲げ、企業の社会性に重点を置いた投資活動は支持を集め、1万5千人の個人投資家から210億円を超える資金(15年12月時点)を預かり、運用している。

 受講料8千円、申し込みは事務局、電話098(869)5446。