沖縄美ら島財団(花城良廣理事長)は4日、伝統的な琉球料理を調査研究する新会社「琉球食文化研究所」を10月1日に設立したと発表した。新会社は、那覇市久茂地の老舗琉球料理店「美榮(みえ)」の経営を引き継ぎ、伝統的な調理法の記録や、琉球王朝時代の文献調査などを通し、琉球の食文化の継承につなげる。

老舗琉球料理店「美榮」で提供されている東道盆(沖縄美ら島財団提供)

 同財団の琉球文化財研究室と共同で、美榮のレシピや調理手順を記録するほか、琉球王朝時代の料理に関する文献を収集・研究し、伝統的な琉球料理の保存に取り組む。後継者育成も手掛け、琉球の食文化継承を目指す。

 美榮は、最後の琉球国王・尚泰王の四男で美食家ともされる尚順男爵が研究した王朝料理を再現して提供している。沖縄の食文化に詳しいエッセイストの古波蔵保好氏(故人)が那覇市美栄橋で創業し、1960年に現在の久茂地に移転した。

 施設の老朽化や、後継者不足で事業承継が課題となっていたため、琉球食文化研究所が事業を引き継いだ。同財団は今年2月に美榮の土地と建物を取得している。

 同研究所の代表取締役に花城理事長が就任。美榮の調理を取り仕切っている古波蔵氏の義理の娘、徳子氏が取締役上席研究員に就いた。

 同財団研究顧問の安次富順子氏、西大八重子氏ら琉球料理研究家らとも連携する。首里城公園を管理し、琉球王国の歴史や文化を研究してきたこれまでのノウハウを生かす。

 美榮の琉球漆器などの食器類や調度品も戦後の工芸品として貴重な文化財ととらえ、研究していく。琉球王朝時代の文献から、当時の食器類の復元にも乗り出す。