近年、保育園不足が社会問題として注目され、国会や地方自治の現場、一般メディアで議論が活発化している。こうした動きに加え、司法の活用も検討すべきではないか。この点で、参考になるドイツの裁判例が現れた。 ドイツでは、法律によって「十分な数の保育所を確保する義務」が地方政府に課されている。