混迷する基地問題の突破口を見いだそうと、ニライカナイサミット(主催・同実行委員会)が5日、宜野湾市のぎのわんセミナーハウスであった。沖縄や海外の識者がそれぞれの立場から「沖縄を軍事のキーストーンから平和のキーステーションへ」をテーマに問題提起。「東アジア共同体」など海外との連携に解決の道を見いだす意見が相次いだ。基地問題で翁長県政に批判的な意見を言いづらい空気を指摘する声もあり、フロアを巻き込んで白熱した議論が交わされた。

軍事のキーストーンとしての沖縄からの脱却に向けて議論を交わすパネリストら=5日、宜野湾市のぎのわんセミナーハウス

 名護市辺野古の新基地建設や東村高江のヘリパッド建設で、詩人の川満信一さんは「兵器を貯蔵したり、敵地に運ぶ基地を認めただけで、人類全体への大変な犯罪になる。これを無意識に負わされるのは戦争体験者にとってできる相談ではない」と強調。一方で「沖縄の力だけで米国を退かせるのは難しい。沖縄内外の力で課題を解くのが大事だ」とし、東南アジア諸国連合(ASEAN)や日中韓などの東アジア共同体の構築に期待を込めた。

 続いて海外参加のピース・フィロソフィー・センターの乗松聡子代表は、東アジア共同体の実現のためには「日本人が隣国への歴史責任を自覚し、内なる大日本帝国や天皇制から脱却すべきだ」と指摘した。

 一方、音楽家の石岡裕さんは「今の県政のやり方で辺野古の海が守れるのか。(県政批判の)言論にタブーがある」と強調。知事就任直後に埋め立て承認を撤回せず、取り消しにも約1年を要したのを問題視し「新聞、知事を支える運動体や政党が県政の検証を放棄している。(県政が辺野古や高江で)暴走しかねない」と苦言を呈し、フロアの議論を促した。

 このほか、大田昌秀元知事や「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」の高里鈴代共同代表、海外からオーストラリア国立大学のガバン・マコーマック名誉教授もパネリストで登壇。4時間にわたったサミットの締めくくりに、大田元知事は「私たちが戦争から生き延びた意味があるとすれば、二度と沖縄を攻撃の的にさせないこと。子や孫のために、基地を引き受けてはいけない」と語った。