昨年度の全日本ミドル級新人王で同級7位の長濱陸は、階級を一つ下げてスーパーウエルター級6回戦に挑み、3回2分48秒TKO勝ちした。1回から重たい左右のボディーで相手の動きを止めて主導権を握り、3回に左ボディーでダウンを奪った。