静岡県の食肉加工大手「米久」は6日、委託先のタケフーズで製造している冷凍メンチカツから腸管出血性大腸菌O157が検出されたとして、自主回収すると発表した。消費者1人が腹痛を訴えていたという。同社によると県内ではサンエーで販売している。

 商品は「ジューシーメンチカツ」(420グラム、14個入り)。担当者によると5日、保健所からの指摘を受け、同じラインで製造している「クリーミィーコロッケ」(同量)とともに全量回収を決めた。サンエーへの二つの商品の月間納品数は約千パック。すでに在庫の回収を始めているほか、7日以降店頭での告知も依頼している。