タイムス女性倶楽部の第41期11月講演会が6日、沖縄県宜野湾市のラグナガーデンホテルで開かれ「人間性脳科学研究所」の澤口俊之さんが「夢をかなえる脳」と題し講演した。「夢をかなえる脳は前頭前野が活性化している。加齢とともに脳も老化するが、有酸素運動やストレス解消法でいつまでも若い脳が手に入る」と力説した。

有酸素運動で前頭前野が若返ると話す澤口俊之さん=6日、宜野湾市・ラグナガーデンホテル

 脳の中でも「前頭前野」は、目標を達成する力や好奇心、探求心など夢に向かう能力(HQ)を担っていると説明。脳は加齢で老化が進むが、それと同時に自己制御力や社会関係力などのHQも低下するという。脳を若返りさせるにはジョギングなどの有酸素運動が効果があるとし、赤ワインなどの適度なアルコールや緑茶、チョコレートなどもお薦めと話した。

 脳機能はストレスでも老化が進むと指摘。「あまり怒らないことや寝る前に手を洗うことなどで、簡単に解消できる」と話した。夢を持ち続ける人はそうでない人に比べ、平均して7年長生きしていると述べ、「生涯夢を持ち続けましょう」と呼び掛けた。