第6回大会の女王、東江那津(Wellアスリートクラブ)が尚巴志ハーフの舞台に戻ってきた。2位に5分以上の差をつける1時間35分39秒で、うれしい9年ぶり2度目の優勝を飾った。 序盤は男子選手のペースにつられたが、「思っていたより体が動いた」と、15キロ付近まで景色を楽しむ余裕もあった。