県内流通最大手のサンエー(上地哲誠社長)は7日、大型ショッピングセンターPARCOなどを全国展開するパルコ(東京、牧山浩三社長)と合弁会社「サンエーパルコ」を設立することで合意した。12月中に立ち上げ、浦添市キャンプ・キンザー沖の埋め立て地(西海岸第1ステージ)に建設予定の大型商業施設の開発・運営に取り組む。

サンエーが浦添市西海岸で計画する大型複合商業施設のイメージ図(サンエー提供)

合弁会社の設立を発表した(左から)新会社社長に就任予定の上地文勝氏、上地哲誠社長、パルコの牧山浩三社長、平井裕二執行役=7日、那覇市のザ・ナハテラス

サンエーが浦添市西海岸で計画する大型複合商業施設のイメージ図(サンエー提供) 合弁会社の設立を発表した(左から)新会社社長に就任予定の上地文勝氏、上地哲誠社長、パルコの牧山浩三社長、平井裕二執行役=7日、那覇市のザ・ナハテラス

 7日、那覇市内のホテルで会見した上地社長は「日本トップクラスのファッションビル開発会社のノウハウを導入し、顧客満足度をさらに向上していく」と抱負を述べた。

 牧山社長は「沖縄と浦添市西海岸地区の将来性に加え、サンエーの経験と信用力を生かしていきたい」と話した。パルコの県内進出は初めて。

 新会社は資本金1千万円。出資比率はサンエー51%、パルコ49%。社長にはサンエー衣料品部長の上地文勝氏(57)が就く。

 サンエーは、昨年9月に西海岸第1ステージへの進出企業に決定。2019年夏に県内最大級の複合型商業施設(敷地面積8万5千平方メートル)の開業を目指している。

 パルコは1953年設立。69年にファッションビルの池袋パルコ、73年に渋谷パルコを開業し、若者文化の発信拠点として支持を集めている。全国でパルコ19店舗を展開している。