沖縄銀行(玉城義昭頭取)が8日発表した2016年9月中間決算(単体)は、貸出金利回りの低下で貸出金利息収入が大幅に減少し、売上高にあたる経常収益は前年同期比5・4%減の184億5千万円となった。経常利益は、システム更改に伴う減価償却費や事務委託費など経費増が重なり、26・3%減の45億2700万円。