石垣市の自宅で大麻を隠し持っていたとして大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元女優の高樹沙耶(本名益戸育江)容疑者(53)について、自宅から押収された大麻の入った袋の指紋が同容疑者の指紋と一致していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。

高樹沙耶容疑者

 同容疑者は逮捕時に「私の物ではない」と容疑を否認しており、捜査側は所持を裏付ける重要な証拠とみている。

 厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は10月25日、同容疑者の自宅や経営している民宿などを家宅捜索。押収した乾燥大麻は100回分の使用量に当たる計約55グラムで、複数のポリ袋などに小分けにされていたという。吸引用とみられるパイプは10本あり、全てに使用の痕跡があった。