米大統領選で共和党候補の実業家ドナルド・トランプ氏(70)が当選確実となったことを受け、翁長雄志知事は9日、トランプ氏との面会を求め来年2月にも訪米する考えを示した。県庁で記者団の質問に答えた。

トランプ氏当選確実を受け、記者の質問に答える翁長雄志知事=9日午後5時45分、県庁

 知事はトランプ氏に関し、「新しい発想の政治を考えているのではないか」と指摘。名護市辺野古への新基地建設を巡り政府と沖縄側が対立する状況の中、「私どもの意見を聞いて頂き、どのように判断するか沖縄側としては期待したい」と述べ、面会を求める考えを示した。

 また、知事は9日にトランプ氏へ祝電を送る意向で、この中でも沖縄と話し合う機会を求める考えも示した。訪米日程に関しては、新しい米国務、国防長官が就任する1月20日以降に、県議会会期なども見据えながら調整を進めるとした。