9秒でまるわかり!

  • 八重山諸島にある国内最大サンゴ礁の56.1%が死滅、97%が白化
  • エルニーニョ現象や地球温暖化で、高い海水温が続いたのが原因
  • 約4カ月の調査で白化は拡大。環境省は「短期間での回復は厳しい」

 環境省那覇自然環境事務所は9日、石垣島と西表島の間にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖」で9月~10月に実施した調査結果について、調査35地点のうち97%で白化現象が見られ、そのうち5割を超えるサンゴが死滅していると発表した。石垣自然保護官事務所の担当者は「全体的に白化が進んだ状態で、短期間での回復は厳しい」と話した。

白化現象による死滅後、藻類に覆われ茶色く変色したサンゴ=9月29日・石西礁湖(石垣自然保護官事務所提供)

白化現象による死滅後、藻類に覆われ茶色く変色したサンゴが広がる=10月4日・石西礁湖(石垣自然保護官事務所提供)

白化現象による死滅後、藻類に覆われ茶色く変色したサンゴ=9月29日・石西礁湖(石垣自然保護官事務所提供) 白化現象による死滅後、藻類に覆われ茶色く変色したサンゴが広がる=10月4日・石西礁湖(石垣自然保護官事務所提供)

 調査は石西礁湖内の水深2メートルから7メートルの35地点で実施。「全体が死亡した割合」は56・1%で半数以上が死滅していた。「全体が完全に白化している群体の割合」23・1%、「一部白化・一部死亡、全体的に色が薄い群体」17・2%で、調査地点の97%で白化を確認した。

 7月~8月の前回調査では平均白化率は89・6%で、今回、さらに白化が進んでいることが判明。同事務所は原因について「6月に入ってから海水温が30度を超え、9月上旬まで高い状態が続いていたのが影響した」としている。

 沖縄気象台によると、6~8月の八重山地方周辺の平均海面水温は30・1度と、気象衛星で観測を開始した82年以降で最高となった。ことし春に終息したエルニーニョ現象や地球温暖化の影響を受け、沖縄周辺海域の海水温も高い状態が続いたとしている。

 一方、10月6日~25日に調査した慶良間諸島では、36地点で平均白化率は15・2%だった。