自民党の茂木敏充政調会長は9日、米国総領事館でジョエル・エレンライク総領事と会談し、在沖米軍施設の自衛隊との共同使用を推進する考えを伝えた。茂木氏によると、エレンライク氏も賛意を示し、「前向きに検討したい」と述べたという。

茂木敏充氏

 茂木氏はこれに先立つ県内保守系首長との会談でも日米の共同使用を拡大する考えを強調。会談後、茂木氏は記者団に「自衛隊と米軍の相互運用性を促進し、地元の信頼関係強化につながる」と意義を説明した。

 一方、米軍属による暴行殺人事件を受け日米両政府が進めていた軍属の範囲縮小に関し、年内にも地位協定を補う「補足協定」を締結する方向で調整していることも明らかにした。