沖縄県の東村高江で米軍ヘリパッド建設に反対する市民に対し、機動隊員が「土人」「シナ人」などと発言したことに対する抗議決議案を可決した県議会与党と中立の県議団が10日、県警本部を訪れ、金城棟啓県公安委員長と池田克史県警本部長に決議書を手渡した。

新垣光栄県議(左)から決議書を受け取る金城棟啓県公安委員長(中央)と池田克史県警本部長=10日、県警本部

 決議では、今回の発言は「県民の苦難の歴史を否定し、平和な沖縄を願って歩んできた県民の思いを一瞬のうちに打ち砕いた」と指摘。「厳重に抗議するとともに、このようなことが繰り返されないよう強く要請する」とした。

 決議書を受け取った金城委員長は「真摯(しんし)に受け止め、より適切に県警を管理していく」、池田本部長は「決議を重く受け止め、二度とこのようなことがないよう職員を指導していく」と述べた。