沖縄で活動するブロガーの交流イベント「ブロガーミートアップ」が2016年10月16日、沖縄市で開かれ、高知県在住でブログ「東京でまだ消耗しているの?」で人気のブロガー、イケダハヤトさんが登壇しました。沖縄のイベントに登場するのは初めて。ネットを主戦場に月に300万円を稼ぐノウハウやブロガーの未来について語りました。

 

収益の柱はアフィリエイト

 僕のサイトはユニークユーザー(UU)が月に110万人ほど、ページビュー(PV)が250万くらいです。東京の読者が恐らく半分、関西圏が2~3割、残りが日本全国に散らばっていて、僕が住んでいる高知県が1.5~2万UUくらい。高知県の人口が70万人くらいなので、ある程度ローカルメディアの参考値になるような気がします。
収益の柱としては「アフィリエイト」「note(ノート)・キンドルダイレクトパブリッシング(KDP)」「ネイティブ広告」「イベント企画・登壇」の4つです。全体の売り上げでいうと大体月商で300万円くらいです。高知の限界集落に住んでいて、誰もいないような山奥でも、稼いでいます。スタッフを何人か雇って、業務委託しながら仕事しています。

 売り上げの比率が高いのは、アフィリエイト(成功報酬型広告)です。では何で稼いでいるのかというと、ECサイトですね。今月すごい調子いいですね。大体、30~50万円がこのアフィリエイト。今月は中盤で45万円あります。恐らく、着地で60~70万円くらいでしょうか。年間で500万円ほどが入ってきます。

 では、何が売れているかというと、電子書籍がほとんど。これが7割ですね。あとはガジェット。電子書籍では、漫画が売れています。漫画はまとめ買いをしてくれているので、ザクザク買ってくれますね。僕は今ちょうど、『イムリ』という漫画が好きで、19冊出ています。これがすごくお得になっている。半額くらいになっています。「僕がすごく好きな漫画なので、みんなどんどん買うといいよ」と言うと、うちのサイトから300人くらいが買ってくれます。その人数×19冊。もちろん、そのECサイトのリンクを踏んでくれたら、ぼくの収益になります。ただ、電子書籍は単価低いんで、あまりみんながやっていないです。僕以外でこれで稼いでいるアフィリエイトはほとんどみたことないですね。でも、意外と売れ行きとしては、アクセス数に対してはかなり収益性がいいと思います。

 面白い電子書籍があったら、ツイッターで本のことをつぶやいて、実際に僕も買ってみて、面白かったらブログで紹介してっていうサイクルをずっとやっています。今は書評関連だけで、500~1000本くらい記事があるのかな。過去記事を合わせると結構な収益の柱になっていますね。