鶴保庸介沖縄北方担当相は10日、参院内閣委員会の理事懇談会に出席し、米軍北部訓練場の工事反対派に大阪府警機動隊員が「土人」と発言した問題に関し「威圧的言動は許すまじきことだ」と述べた。差別発言とは断定できないとの認識も重ねて示した。野党側が説明を求めたのに答えた。謝罪や発言撤回はしなかった。

鶴保庸介氏

 機動隊員の発言について「人権問題として捉えるかは言われた側の感情に主軸を置いて判断すべきだ」と改めて主張した。

 懇談会後、記者団に「差別かどうか判断する立場にないと話している。これを差別発言と言われるのは理解できない」と強調した。