沖縄県内3行の2016年9月中間決算は、日本銀行のマイナス金利の影響を受け貸出金利息収入が減少に転じた。好調な県内景気を受けて3行の貸出金残高は増加したが、貸出金利回りの低下で貸出金利息収入は3行合計で前年を下回った。利ざや圧縮に加え、10年国債の利回りがマイナスとなり有価証券運用も頼れない。