米軍北部訓練場のヘリパッド建設を巡り、翁長雄志知事は新設されるヘリパッドでのオスプレイの使用を前提とした環境影響評価の再実施を国頭、東両村と連名で政府へ求めることが分かった。11日午後、沖縄県庁で国頭村の宮城久和村長と会見し、発表する。オスプレイの配備撤回も求める。

北部訓練場(資料写真)

 環境アセスの再実施は、8日に安慶田光男副知事が杉田和博官房副長官と首相官邸で会談した際、オスプレイを対象とした再調査を国側に求める考えを示していた。

 東、国頭両村は訓練場の過半の返還条件となっているヘリパッド建設は容認しているが、オスプレイの使用には反対し、配備撤回を求めている。